高校留学はイギリスが向いている

高校留学に向いている国はイギリスです。


イギリスは治安が良いので、子供が安心して生活できます。
アメリカは州によって治安は異なっていますが、デトロイトのように治安の悪い所もあるので、安心して子供を送り出すことができません。


高校留学はイギリスを選んだ方が良いでしょう。



イギリスの治安が良いのは、防犯カメラのおかげです。

国のいろいろな場所に防犯カメラが設置されており、それが抑止力になって犯罪が起こりにくくなっています。


防犯カメラが多いのは窮屈ですが、犯罪に巻き込まれるのを防げる点は大きなメリットです。


イギリスが高校留学に向いている理由は、他にもあります。
イギリスの国民性は日本の国民性に似ています。

イギリス人は、大人しくて控えめなので、日本人が溶け込みやすいのです。

日本人もおとなしい人種なので、イギリス人の中に入っても、疎外感を感じることは少ないでしょう。


アメリカン人はイギリス人や日本人にくらべて、積極的な性格です。



自分の意見や考えをはっきりと口にします。この性格は悪いとは言えないのですが、日本人とは正反対なので、溶け込みにくいでしょう。

All About情報サイトを活用しましょう。

大人だったら、しばらく暮らしていれば、適応できるかもしれませんが、高校生には難しい場合があります。


イギリスが高校留学に向いている3番目の理由は、差別がないことです。
全くないとは言えないのですが、アメリカにくらべたら、非常に少ないので、子供が傷つく恐れは少ないです。