アメリカとニュージーランドの高校留学費用の違い

高校生の年齢は知識の吸収が早く、留学に最も適した年代とされています。特に考える学問とは違う語学力は慣れる学問の代表で、その場に身を置き耳で聞くからこそ上達すると言えます。


英語と言えば最初にアメリカを思い浮かべますが、英語圏はアメリカだけではありません。


アメリカ以外の多くの国で英語が公用語とされ、日常的に使用されています。

教えて!goo関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

高校留学の費用を考えれば、アメリカよりもコストパフォーマンスの高い国もあります。

留学費用は当然ながら国や地域によって異なりますが、期間によっても違ってくるため、最初に目標と高校留学期間を明確にし、候補となる留学先を比較検討することが重要となります。



アメリカの高校への留学費用は、一般的に3ヶ月で80万円程度、1年間では200万円から300万円程度の出費となります。
日本のサラリーマンの平均所得を考えれば、年間200万円以上の出費は多くの家庭にとって大きな痛手となります。
英語圏の留学先で、最もコストパフォーマンスが高いと言えるのはニュージーランドです。
ニュージーランドは日本からさほど遠くなく、高校のほとんどが公立高校のため、学費が抑えられるという大きなメリットがあります。

ニュージーランドに高校留学した場合の費用は、3ヶ月で40万円程度、年間でも120万円程度とアメリカの約半分です。
人気の都市は、都会的なオークランドや治安の良いクライストチャーチです。



日本と同じ海洋国であることも、海に慣れ親しんだ日本人にとっては住みやすい環境と言えます。